Suicaは多機能?

Suicaというのは、東京臨海高速鉄道や東京モノレール、東日本旅客鉄道(JR東日本)などが導入しているICカードです。
Suicaは開発元である東日本旅客鉄道(JR東日本)の登録商標であり、2001年から自社線専用の乗車カードとしてJR東日本管内から導入が始まりました。
それより以前には、切符と同じように自動改札機に通して利用ができる磁気式のプリペイド乗車カードがありましたが、磁気ストライプカードには偽造の恐れがあることに加えて、利用ができる範囲や機能も限られていたため、よりたくさんの情報をやり取りすることができるICカードが採用されました。
Suicaは現在までにJR東日本の資本が入っている東日本エリアを中心とした8社で取り扱っています。
Suicaオートチャージで貯まるポイントは?【カードによる違い】